20代音楽好き女子が音楽をきっかけにダンスを始めたことと習っていたジャンル、挑戦してみたいジャンルについて

エンターテイメント

みなさん、こんにちは!

前回の記事では、今までとは違った「私が好きな音楽と最近よく聴くアーティストさん3選」という内容でお届けしました。

その中で、「ダンスを始めた」と書いていたと思います。

なので、今回はそのダンスにまつわる内容「ダンスを始めた時期」と「やっていたジャンル」、「やってみたかったジャンル」についてお話ししようかなと思います。

20代音楽好き女子が音楽をきっかけにダンスを始めたことについて

前回の記事で、小学5年生の夏休みに好きなアーティストさんに出会い、そしてダンスを始めたとお話ししました。

私がダンスを始めたのは、小学5年生の冬ごろです。

家から5〜6分のところに私が住んでいる地域ではよく知られているダンススクールがありました。

そのことを、おばあちゃんから聞いて、さっそくお母さんと一緒に見学に行ってみました。

見学だけの予定でしたが、ダンス教室の先生が気を利かせてくれて少しだけあるステップを教えてもらうことができました。

その「あるステップ」というのが、少女時代さんのGeeの振り付けで有名になった「クラブ」というステップでした。

そのステップを教えてもらった時には、ある意味感動しましたね。

私が少女時代さんのことを好きというのを知っていたかのような感じがしたので。笑

そんなこんなで、そこのダンススクールに通うことにしました。

ダンスを習い始めた時に習っていた[ヒップホップダンス]とクラスが変わってから習っていた[ストリートダンス]について

・ダンスを習い始めた時に習っていたジャンル[ヒップホップダンス]

通い始めた頃にやっていたジャンルは、ヒップホップです。

ヒップホップダンスとは、ニューヨークのサウスブロンクスという地が発祥のようです。

「DJ」「MC」「ブレイクダンス」「グラフィティ」という4つの要素からなっているものです。

基本的に、アップとダウンのリズムを取りながら色々なステップを組み合わせて踊ります。

以前、流行っていた「ランニングマン」もヒップホップの1つです。

とはいっても、これじゃないといけないというわけではなく、体全身を使って自由に踊ることが特徴的だと言われています。

・クラスが変わってから習っていたジャンル[ストリートダンス]

そして、中学生に上がる時期と同時ぐらいの時に、ストリートというジャンルのクラスに変わりました。

このクラスは、ヒップホップの時のクラスとは比べ物にならないくらいレベルが高かったです。

クラスが変わったばかりの頃は、私以外みんな高校生の人たちでいつも緊張していたことを覚えています。笑

ストリートダンスとは、ストリートの名前の通り路上で踊られることから発祥したダンスの1つです。

ストリートダンスには、これといった決まりが本当にありません。

ロッキング、ブレイキング、ホッピング、ヒップホップ、ハウス、レゲエなど様々なジャンルを自分独自にアレンジしたりしたものが多いです。

どんなことにもたら割れていないダンスなのでとてもみていてすごいなと思うジャンルの1つです。

ダンスそのものが魅力的なんですけどね。笑

ということで、以上が私がやっていたダンスのジャンルになります。

ダンスをやっていた時に挑戦してみたかったジャンル[ブレイクダンス]

習っていたダンスのジャンル紹介をしたので、今度は「挑戦してみたかったジャンル」について話していこうかなと思います。

・それは、ブレイクダンスです。

ブレイクダンスとはエントリー、フットワーク、パワームーブ、フリーズの4つの要素からなるものです。

4つの要素のことについて説明すると難しくなるのですごく

簡単に説明すると・・・

みなさん、1度はみたことあるのではないかと思いますが、頭だけで回転するものや両腕だけで全身を支えながら足をぐるぐる回したりする動きのものです。

ダンスに興味がない人でもすごいってなりますよね?

ただ、他のジャンルに比べてけがをするリスクがすごくあるダンスになります。

なんですが、かっこいいのでブレイクダンスの中の何か1つだけでもマスターしたいなと思いますね。

もし、この記事を見ている方でブレイクダンスしているよというかたやできるよっていう人がいたら初めての人にオススメのものやアドバイスなどお願いします!

まとめ

はい、ということで今回は「ダンスを始めた時期」「やっていたジャンル」「やってみたいジャンル」について書いてみました。

いかがでしたでしょうか?

今はもうダンスをやっていないのですが、色々振り返っているとまたやりたくなりました。

やったことないよという方、それ以外の方もぜひダンスをやってみるというのはどうでしょうか。

ストレス発散にもなっていいと思いますよ!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました