20代バイク女子〜父とのツーリングの裏話・父と母のバイクの思い出・バイク仲間が増える?!〜

ライフスタイル

みなさん、こんにちは!

前回の記事では、「納車日のこと」や「実際にZ250に乗ってみての感想」、「初めてのツーリング」などについてお話ししました。

ということで、今回は前回の「初めてのお父さんとのツーリングの裏話」や「父と母のバイクの思い出」、「バイク仲間が増える?!」という内容でお話をしていこうかなと思います。

お父さんとのツーリングの裏話

前回のお話で、お父さんと初めてのツーリングのお話をしたと思います。

実は、私が中型バイクの免許を取った時、お父さんはバイクを持っていませんでした。

初めの記事で免許を持っているということはお話しましたが、覚えていますか?

免許は持っていましたが、バイクはお父さんが20代の頃に仕事などであまり乗る機会がないからということで友達に打ったそうです。

それ以来、バイクに乗ることもなかったし、欲しいとも思っていなかったそうです。

それが、私が免許を取るといいだしてまた乗りたくなったみたいで。笑

ですが、お母さんが許してくれるわけがないと思っていたのと、買って良いか聞くのが怖かったみたいで私に「お母さんにお父さんがバイク欲しいって言ったらどうする?」って聞いて欲しいとこそっと言ってきたんですよ。

私のお母さんは、すごく几帳面で特にお金に関してはすごくこまめに貯金をし、無駄遣いをしない人なんです。

なので、私も半ば駄目元でお母さんに聞いてみたんですよ。

そしたら、意外なことにあっさり「良いよ」という返事が返ってきました。

一瞬、思考が停止し頭の中が「?」となっていました。

確認のため「えっ、良いが?」と聞き直すと「やけん、かまんよって言ったやん笑 お母さんも好きなことさせてもらいよるし。お父さんは仕事も家事もやってくれて大変だろうから趣味の1つ見つけてくれたら良い。」と返ってきたんですよ。

ちゃんとみてたんですね。

お母さんの意外な答えになんだか私が嬉しくなりました。

私の中でもお父さんといつかツーリングに行きたいなと思っていたので、本当に嬉しかったです!

そして、OKをもらったことをお父さんに伝えると子供のように無邪気に喜んでいました笑

さっそく、バイクを探すために私がZ250を買った時にお世話になったバイク屋さんに行くことに。

何に乗るのかなと気になり聞いてみたところ、即答で「ドラックスター400」と返ってきました。

買う気満々だったみたいですね。

そんなこんなで欲しいバイクが無事見つかり納車!

私よりバイクを楽しんでいるお父さん。

納車して早々、マフラーも変えていました。

娘より楽しんでるお父さんをみるとなんだか「ホッ」とします。

これからは、お父さんとのツーリングもしてバイクライフを楽しもうと思います!

父と母のバイクの思い出

ここでは、お父さんとお母さんのバイクの思い出について少しですがお話しようかなと思います。

お父さんがバイクの免許を取ったのは21・2歳くらいの時だと聞きました。

その時、お父さんとお母さんはまだ結婚はしておらず彼氏、彼女だったと。

そして、お父さんは彼女だったお母さんをよくバイクの後ろに乗せていたそうです。

その時のことをお母さんに聞くと、バイクの後ろは「すごく気持ちよかった」と言っていました。

そんなバイクライフを楽しんでいた若かりし頃のお父さんとお母さん。

そんな2人を襲ったちょっと笑えるエピソード話を少ししたいと思います。

当時、お父さんは一人暮らし(確か)。

お母さんは1つ年上のお姉ちゃんと二人暮らし。

あ母さんのマンションに止まっていたお父さん。

お姉ちゃんが仕事を終えて帰宅するの玄関先に当時お父さんが乗っていたCB400が玄関のドアに倒れかかっていてドアが開かなかったと。

張本人のお父さんとお母さんは部屋で寝ていていくら電話しても起きなく、その日は友達の家で夜を過ごし朝になってすぐ家に帰ってお父さんとお母さんはこっぴどく怒られたようです。笑

その時のことをお母さんのお姉ちゃんは「バイク壊してやろうかと思った」と言っていました。

そんなこんながあった2人だったようです。

怒られたのは不幸でしたが、バイクを壊されなかったことは不幸中の幸いだったんでしょうかね笑

バイク仲間が増える?!

私がバイクの免許を取り、お父さんもバイクを買いバイクライフを送っています。

ですが、お父さんはバイク仲間が欲しくなったのか知り合いの方に声をかけたみたいです。

そしたら2人の方が乗り気になりなんとそっこう教習所に入校。

今では、時間が合えばツーリングに行っています。

いくつになってもいろんなことに興味があって、それを実際に挑戦するってすごいなと思いました。

私も年を取ってもそんな人間でいられるような人生を過ごしたいなと思います!

まとめ

はい、ということで今回は「初めてのお父さんとのツーリングの裏話」や、「父と母のバイクの思い出」、「バイク仲間が増える?!」ということについてお話してみました。

どうでしたでしょうか?

最後まで見ていただきありがとうございました。

また、次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました