槇原敬之元社長奥村秀一マッキー発言で逮捕何回目?同性していた?

エンターテイメント

みなさん、こんにちは!菫未来[キンミライ]です!

最近、芸能人さんの覚せい剤の所持や使用で逮捕されるというニュースが多いですね。

今回はシンガーソングライターの槇原敬之さんが覚せい剤所持の疑いで逮捕されたということでそのことについてまとめていきたいと思います。

槇原敬之は覚せい剤で逮捕されたのは2回目

実は、今回槇原さんの覚せい剤で逮捕されるのは2回目なんです。

1回目は、1999年8月30日に一度覚せい剤を所持していたことで逮捕されています。

この時は、覚せい剤を所持しているという情報が警察にあり、内偵を進めており、8月26日に東京都港区の槇原さんの自宅マンションの家宅捜査をし、覚せい剤が1グラム(3万円相当)のものが見つかり覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されています。

今回の逮捕は元社長の「マッキー発言」で?

今回2020年2月13日に2回目の逮捕をされています。

逮捕の決め手となったのは、2018年に槇原さんの個人事務所の元社長奥村秀一さん覚せい剤で逮捕されています。

その時に、警察が覚せい剤は誰のものかを訪ねた時の「それマッキーの」という発言が決め手になったようです。

そして、2月13日に覚せい剤取締法違反と医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕されました。

槇原敬之はいつから覚せい剤を使用していたのか

1回目の逮捕、1999年の1年前つまり1998年から使用していたと言われています。

槇原敬之さんの逮捕についてのまとめ

はい、ということで今回は槇原敬之さんが覚せい剤で2回目の逮捕をされたということでそのことについてまとめてみました。

一度覚せい剤に依存してしまうと薬物を断ち切るのは相当困難なのかもしれませんね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました