ヒゲダン新曲ドラマ主題歌アイラブの意味や込めた思いとは

エンターテイメント

みなさん、こんにちは!菫未来[キンミライ]です!

今回は、2月7日の今日放送された音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」で連続ドラマの『恋はつづくよどこまでも』(佐藤健さんと上白石萌音さん出演)の主題歌をヒゲダンことOfficial髭男dismさんが歌っています。

その主題歌は『I LOVE…』という曲で今回のMステでテレビ初披露したということで今回はその主題歌に込められた思いや意味についてまとめていきたいと思います!

主題歌『I LOVE…』のLOVEの意味とは

この”LOVE”というのは、恋人同士に限らず、友人や家族、ペット、同僚、性別など対象を問わないLOVEということだということです。

恋はつづくよどこまでもの原作とは

もともと小学館『プチコミック』で掲載されていた円城寺マキによる漫画を元にした作品です。

容姿端麗で頭脳明晰な医者・天堂浬(佐藤健)をおって看護師になったちょっと間抜けな佐倉七瀬(上白石萌音)が持ち前の根性で仕事に恋愛にと次々起こる困難に必死に食らいついていく物語となっています。

ヒゲダンが主題歌『I LOVE…』に込めた思いとは

実際にOfficial髭男dismさんのコメントがあるのでまとめてみます。

「今回、『I LOVE…』という曲を作りました。主人公の恋心にリンクし、ドラマに彩りを添えることができたらと思うのと同時に、楽曲における”LOVE”の意味を広く歌っています。恋人はもちろんのこと、友人、家族、ペット、同僚、性別など対象を問わない”LOVE”についての歌です。リスナーさんの皆さんにとっての大切な存在を思い浮かべながら聴いていただけたら嬉しいです。」

という風に語っています!

ヒゲダンが新曲『I LOVE…』に込めた思いや意味のまとめ

はい、ということで今回はヒゲダンさんの新曲についてまとめてみました。

いかがでしたか?

ドラマも始まっていますのでぜひみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

また次回お会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました